プラダ財布新作リボン新型_プラダ 財布 レディース 新作,オンラインで購入するプラダ財布新作リボン ネット上で買ってプラダ財布新作リボン 广东省台山供销社


2015-01-24 09:54    プラダ財布新作リボン
「どうなっているんだ、瞑。いったいなにが……?」 「なにもないわ……もうなにも起こらない」  瞑はいつもの無表情で首を振った。  その表情を見たときに、僕は彼女がすべてを理解していることを知った。もう終わったのだ。この事件はなにもかも。おそらく今の一瞬に。 「斎宮瞑……」  遅れて自習室に入ってきた浦澤が、瞑を呼んだ。瞑は穏やかに微笑んで彼女を見つめ、 「少し約束の時間よりも早かったようだけど……どう、気が済んだ、浦澤さん?」  浦澤がかすかに唇を引きつらせた。彼女が浮かべたのは、満足とはほど遠い複雑そうな表情だった。言葉を選ぶように何度も息を吐き、 「説明してもらえますか?」  浦澤はようやくそれだけを訊いた。瞑はうなずく。 「あなたがそれを望むなら」 「ありがとう。お願い」  ため息のような声でつぶやいて、浦澤は瞑の言葉を待った。瞑は制服の肩をすくめると、話の糸口を探すような表情で僕を見た。 「浦澤さんが怪我をしたガラスの破片——罠が仕掛けられてあったのは、教室のこのあたり?」  瞑が僕に質問する。彼女が指さしたのは自習室の一角。四席ほどの空間だった。 「そう。その窓際の席だよ……だけど」  どうしてわかるんだ、と僕は驚いた。  悪戯の後始末が済むまで、この自習室は立入禁止になっていた。瞑には、罠が仕掛けられていた正確な場所を知る方法はなかったはずだ。