ルイヴィトン スーパーコピーの製品はどう,ルイヴィトンモノグラムヴェルニバッグ_どんな種類のルイヴィトン スーパーコピーいい|「図」 广东省台山供销社


2015-01-24 01:02    ルイヴィトン スーパーコピー
「和ちゃんは飲まないのか?」 「いらない。ごはん食べたあとだもの」 「日東新報を取ってるんだね? 和ちゃん」  島田は言ってからビールを飲んだ。呷《あお》るような飲み方になっていた。声がこわばったのが、自分でもわかった。和子はテーブルに眼を伏せた。返事はなかった。 「日東新報が取材を始めてるんだよ」 「なんの取材?」  和子は眼を伏せたままだった。和子の声も硬かった。島田は冷めたいビールがそのまま胃の中で氷の塊《かたまり》になっていく気がした。 「なんの取材かわかるだろう? 和ちゃんには」 「凝固剤のこと?」 「日東新報はきょう、うちの本社にも取材にきたんだ。広報課を通じてね」 「お兄さんが取材を受けたの?」 「課長代理が記者と会ったんだ。そのあとで社内の関係者が集まって、内密の緊急会議が開かれた」  島田は残りのビールをグラスに注《つ》いだ。和子の視線はふたたび食卓に向けられていた。 「どうして内密の会議になったか、わかるだろう? 和ちゃん」 「どうして?」 「会議が開かれたのは、内部告発者を探し出すためだったんだよ」 「内部告発があったんだって、新聞記者が言ったの?」 「記者はそういうことは言わなかったそうだけど、記者の質問を分析してみて告発が社内から行われたことがわかったんだよ」