買ってルイヴィトン カタログ何を買ったらいい_グッチ バッグ コピー_「特価」 ルイヴィトン カタログ製品 广东省台山供销社


2015-01-24 01:13    ルイヴィトン カタログ
太一「クールなシャイボーイです。えー。とりあえず生きてる人、います? ……もしいたら、なんつうか、生きてください。死ぬまでは生きてください。やっぱあらゆる価値観は、生きてる上に成り立つわけですもんね、デス友貴さん?」 友貴の死体「…………」 太一「イカシた寡黙ガイです。まあ、死んでもいいんだけどさ…… 人間関係って、でも自分で思ってるより大切なんじゃないかなって思う。他人からの影響が、自分を作るんだって。俺はそれを実感しちゃうんだけど、キミはどうかな? 一人で生きていけるならいいんだけど……そういう強さがあるなら。けどたいていのヤツって、弱いと思うから。俺もね。ホントに一人になったら、絶対壊れると思うんだよ。悪意ばっかりの世界だけどさ。だいたい悪意なんだけどさ ……そんでも、誰かいるわ。自分以外の誰かが。それって———」 美希「人間は、自分さえ良ければいいんですよ、先輩?」 止まる。 見る。 美希。 太一「美希……?」 美希「ノート、安置してきました」 太一「って、あれ……? 時間、いいの?」 美希「もうじきですかね」 太一「まずいじゃん。はやく戻らないと」 汗だくだ。走って戻ってきたのか。何のために。 美希「……あー、今から戻っても間に合わないかな?」 太一「何してる。はやく行けって!」 美希「こっちの用事が済んだら行きますよ。わたし、自分がすごーく可愛い属性の人ですから」 太一「用事?」 きりっと、表情を引き締める。